中原ともあき

 プロフィール | 想い | 議員活動報告 | ブログ | Facebook

平成28年会派視察

投稿日:2016年01月30日(土)  
カテゴリ:議員活動報告

平成28年1月18・19・20日翔春会・春風会の2会派で石川県金沢市・内灘町・かほく市に視察に行きました。

金沢市では、空き家対策の再生事業・内灘町では議会のペーパーレスに伴うICT導入・かほく市では携帯アプリを使った子育て支援を学びました。

当日は、日本海側特有の猛吹雪でとても寒くたいへんでした。特に勉強になったのは内灘町の議会のICT化事業。

議会にには、たくさんのペーパー資料が毎議会ごとに執行部から配布され、その数は年4回の議会中で相当数になります。またそれに加え毎年3月の予算委員会の資料や

9月の決算委員会の資料を加え、1年中を合わせると1人で重くて持ちきれないほどのペーパー資料があります。それを解消するのがICT化によるペーパーレス。

DSCN5031

ご覧のように、写真下の内灘町の議員の方は、一人1台のipadを使用しその中に議案や資料がすべて収められているそうだ。

確かに、初めはPCやタブレットの議会導入に関しては、やはり年長の議員より反対があったそうだが、国のモデル事業で、小学校1校のすべての児童に

タブレットが配られたことをきっかけに、議会への導入にも拍車がかかったようだ。それにより議会にかかる資料の作成費が年間数千万円の費用削減になったそうだ。

わが春日市にも、先行投資は必要だが、議員が費用を負担し取り入れていくべきだと感じた。

視察が終わり、その日は大雪。とても寒い一日だった。

DSCN5049

帰りは、大雪のため小松空港が閉鎖になり、陸路(サンダーバード)で新大阪まで出て、新幹線で帰福。5時間半の道のりで

疲れましたが、今回も勉強になった視察でした。今後の春日市に生かさねば!