中原ともあき

 プロフィール | 想い | 議員活動報告 | ブログ | Facebook

今日から地域建設委員会視察

投稿日:2015年11月04日(水)  
カテゴリ:議員活動報告

平成27年11月4・5・6 日、2泊  3日で大阪、神戸での視察です。1日 目は、大阪市淀川区での【LGBT支援事業 ついて】2日目は、神戸市【まちなか防災空地整備事業、3日目は、明石市の【駅前再開発事業】を勉強します。春日市の市政にはんえい出来るように、勉強してます。

まずは、大阪市淀川区での「LGBT支援事業」の視察。淀川区では全国に先駆けてLGBTの支援を行っている先進地です。LGBTとは、性的マイノリティ者のことで、L(レズビアン)・G(ゲイ)・B(バイセクシャル)・T(トランスジェンダー)の頭文字で、統計的には全国民の7.6%、13人に1人の割合でいるとも言われています。こういう皆さんがこの日本で差別を受けずに普通に生活できるように現在、たくさんの自治体や企業がこの問題に取組んでいます。春日市でも近年この問題について真摯に捉え、まずは知ることから始めようと、各種講習会や全戸配布のパンフレットを作成し認知してもらうために努力しています。

DSCN4834DSCN4833

やはり、この問題は人権問題として認識すべきことではないのかな。と感じています。特に小学生や中学生の子どもたちには重大な問題なのではないのでしょうか。性的志向という意味ではなく、特に最後のT(トランスジェンダー・生まれついた性に違和感を持つ人)の問題では、性同一障害という疾病名まであるのですが、まだ本人さえも自覚していない子どもたちは、友達と自分が違うことに悩み、いじめや不登校におちいる事例さえも報告されています。何とかそういう子どもたちを、普通なんだよって安心させてあげたいと思い少しでも市民の皆さんに、認知してわかっていただくように今後も取組んでいきたいと思います。

次に、神戸市では「まちなか防災空地事業」について勉強しました。密集市街地において、火災などの延焼を防止するスペースを確保することを目的に、災害時は一時避難場所や消防活動用地、緊急車両の回転地などの防災活動の場として、平常時は広場・ポケットパークなどのコミュニティの場として利用する空地のことです。古い建物が多い一部の地域を市が指定し、無償で空地を借り入れることで、固定資産税を減免しています。また、建物の解体費用も一部市が補填し、住宅密集地から火災の延焼を抑えることができます。春日市でも火災時に消防車が入れない狭隘道路もたくさんありますので、今後参考にできればと思います。SKMBT_C28015110716170

最後に、明石市「駅前再開発事業」の視察ですが、JR明石駅前の再開発事業でかなり規模が大きいもので、春日原駅前再開発と比べ物にならないのですが、再開発事業までの住民説明や計画の進め方など勉強できる事がたくさんあり意義あるものでした。