中原ともあき

 プロフィール | 想い | 議員活動報告 | ブログ | Facebook

小倉第2雨水貯留施設、工事現場視察

投稿日:2015年06月01日(月)  
カテゴリ:議員活動報告

5月28日(金曜日) 市議会の地域建設委員会で、春日市小倉東地区で工事中の雨水貯留施設の工事現場に視察に行きました。

この小倉第2雨水貯留施設は、集中豪雨による周辺地域の浸水被害を軽減させるため、現在工事中。貯留量は15,500㎥(どのくらいの量かはピンときませんが・・)とにかく、バカでかい施設。工事予算も約10億円というしろもの。完了すると、1時間に70ミリ程度の雨なら、地下貯留施設に水をため、天候が回復して徐々に排水するため洪水を軽減できるそうです。

IMG_0937

実は、この施設は工事の初めの段階から、地盤を掘削してみると大量の地下水が出たため、一部設計変更や工事の変更で金額も当初より、増額になり執行部や議会を悩ませた施設です。それだけに、地域建設委員会としては特にチェックしておかなければならない施設なのです。工事の安全管理や工事日程、それにこれ以上の変更は無いか?など議員として目を光らせています。

工事自体は、平成26年10月に着工済みで、平成28年3月完成を目指しただいま工事真っ最中。現在は地下を掘削し地盤の改良とコンクリートで製作された部材を組み立てて、大きな水槽を地下に作ります。現在40%~50%の工事進捗率ぐらいだと思います。 またこれからは、コンクリート部材を運ぶ大型車両が頻繁に出入りする予定で、特に通勤・通学時間帯は気をつけなければならないでしょうが、そこは一流の大手ゼネコンの施工なので、安全管理も心配は無いと信じています。

IMG_0938

今年の梅雨時期には、間に合いませんが来年には周辺住民や下流域の皆さんを悩ませていた、梅雨時期や夏場のゲリラ豪雨による洪水も少なくなることだと思います。スポーツセンターやふれあい文化センターをご利用の皆様や、近隣住民の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。