中原ともあき

 プロフィール | 想い | 議員活動報告 | ブログ | Facebook

後援会事務所をつくりました。

投稿日:2015年02月06日(金)  
カテゴリ:ブログ

今日、4月に行われる市議会議員の戦い基地(後援会事務所)のお祓いをしていただきました。

後援会の人たちと一緒にお祓いを受け、4月末には思いが達成出来るようにお願いしました。

さぁーこれからが大変ですが、応援し支えてくれる人達のためには、まず自分が頑張り努力しなければと思ってます。

先ずは、2月15日(日曜日)に若葉台西公民館で、午後1時から『事務所開き・市政報告会』を行いたいと思いますので、ご参加していただければ幸いです。宜しくお願い致します。image

今回で、市議会議員の選挙は二回目となりますが、一回目は選挙の事がまるで分からず、がむしゃらに行動していた気がしてます。でも、今回は二回目ですが前よりも余裕もなく考える事がいっぱいです。

やはり、自分が有権者の時、議員立候補者に対して『イヤだ』と思ったことは、本当はやりたく無いのですが選挙とは、自分の意思とは関係なく進んで行きます。その一つが駅での辻立ち。どうして候補者は選挙前だけ駅に立つのか?

それは前回のブログで書いたのですが、それは選挙する側の考え方。有権者の皆様にはどーでもいい話です。

また、後援会入会のハガキなんてのもそう。有権者にしてみれば、ちゃんと貴方を支援しているから、後援会に入会しなくても大丈夫。と言う有権者もたくさんおられます。

それでも、選挙する側では本当に投票してくれるように、入会ハガキに住所や氏名・電話番号まで書かせようとします。

とにかく、名簿が作りたいのです。それって、こっち側の論理なのです。有権者の皆様には、なぁ〜にも関係ないことなんです。そんな事がイヤだけど、国政選挙でも地方選挙でも今はそれが常識らしい。だから、廻りが全てやってるから自分だけやめることができないのです。それが現状です。

この頃自分の気持ちと、現実との矛盾に悩んでます。選挙に強ければそんな事出来ないと言えるのでしょうが、今の自分にはとても言えるレベルにもありません。

こんなことばかりしてるから、選挙への感心と政治家に信頼が無くなるのでしょうね。ゴメンなさい。反省します。

でも私たちは、子どもたちや高齢者や市民のため、住みやすい街になるように日頃から努力していることは、少しでもいいですので、信じて下さいね。